ZOOMのリモート相談窓口|大阪梅田の行政書士

コロナ予防に非対面のリモート相談を!



離婚を専門家と相談したい!でも、コロナ感染が不安…

コロナ感染の出口が見えず、色々とご不安かとお察し致しますが、全く心配いりません!
離婚不倫婚約破棄サポートセンター大阪神戸京都(いぐち法務行政書士事務所)ではコロナ感染予防措置としてリモート・遠隔非対面での業務を行っております。

ご自宅でご都合の良い時間にPC・スマホでZOOMを利用した個別相談が出来ます。
また、ご相談だけではなく離婚協議書・養育費支払い契約書作成・不倫相手や一方的な婚約破棄への慰謝料請求書作成送付まで完結します。

電車等、交通機関を利用して事務所までお越し頂く必要もありません。
非接触ですべて完結するので、コロナ感染の不安はありません。
是非、ご活用ください。

ZOOMを利用した個別相談

PC・スマホで個別相談 非対面リモート遠隔相談の流れ

STEP@
ホームページの無料メール相談申込みフォームから、お名前、ご相談内容、ご希望日時をご記入の上、ZOOM相談希望として送信ください。

STEPA
当事務所でZOOM面談日時を調整しメール連絡致します。
併せて個別相談費5,500円の振込先口座をお知らせしますので事前のお振込みをお願いします。

STEPB
個別相談費の入金確認後、ZOOM個別相談に必要なZOOM相談参加アドレスをメールでお知らせ致します。

STEPC
調整した時間に、PC・スマホでリモート相談を開始します。
本人確認として運転免許証・マイナンバーカード等を確認後、個別相談を始めさせて頂きます。

STEPD
離婚協議書原案文・慰謝料請求書原案文が出来ましたらメールでご確認頂き、ご指示により修正して仕上げます。
その後、離婚協議書公正証書は公証役場に連絡、慰謝料請求の場合は相手方に内容証明郵便として差し出します。

※離婚協議書の養育費・慰謝料等、長期に渡る分割支払い契約には公正証書にされることをお勧めします。

離婚する妻は全てをリモート対応・非対面で養育費の公正証書作成が出来る!

公正証書作成には公証役場で離婚する夫・妻双方が揃って調印する必要があります。
ですが、育児や介護等特段の理由がある場合、公証人の事前承諾があれば妻に代わり当職行政書士 井口宏一が代理人として調印致します。



〇内閣官房も特設サイトを設け感染対策を勧めています。
〇ZOOMの使い方はこちらをご参照ください。

※当事務所はリモート相談やテレワークの実践に加えて、マスク着用、体温測定、手洗い、除菌・消毒、密の回避など、徹底的な感染対策を行っております。


井口行政書士 離婚・浮気不倫・婚約破棄サポートセンター
(いぐち法務行政書士事務所)

〒530-0057 大阪市北区曾根崎2-8-5 お初天神EASTビル
(各線梅田駅よりすぐ)
TEL:06-6795-9489

無料メール相談有料個別面談書面作成